あがり症でも上手にスピーチをするには?

投稿者: | 2018年3月6日

あがり症でも上手にスピーチはできる?

あがり症の天敵とも言えるのが、人前で話すことですよね。

あがり症が治れば問題ないのですが、そうではない場合、どうしても人前でスピーチや話をしなくてはならないとき。

そんなときにあがり症でも緊張を感じさせないテクニックや、うまく話すコツがあればなんとか乗り切ることができるでしょう。

そんなポイントを紹介していきます。

緊張をほぐすスピーチのコツ

自分の力を見直す

まず自分の力を見直すということは、自分が持っている自己評価をし直すことです。

特にあがり症の人は自分自身への評価やハードルが高いのが特徴です。

具体的には自分のことを「口下手」「あがり症」だからうまく話せない、という考えは、スラスラ話ができる人と比べて考えているのです。

みんながみんな人前でスラスラと上手に話せるか、というと必ずしもそうではありません。大の大人でもガクガクに緊張している姿はよくみかけるものですよね?

そういうことを度返しして、話の上手な人と比べて自分への過大評価を基準に考えているのです。

人前で震えるのも過度に緊張して頭が真っ白になってしまうのも、「うまく話したい」と自分の能力以上のものを見せようと思っているか、ということが言えます。

高みを目指しすぎず、自分の力の範囲でという低いハードルから人前で話すことを考えることが大切なのです。

開き直り方法

あがり症の方は、失敗することや人前で恥をかくことを極端に恐れている傾向があります。

しかし、冷静に考えてみてください。

スピーチで人生が決まるわけではないですし、失敗しても、クビになるわけではないし、ましてや死ぬわけではありません。

そういう気持ちで開き直ることで、自分自身を締め付けている偏った緊張を解きほぐすことになり、肩の力が抜けていきます。

この開き直りは諦めの方法とも言われますが、完璧主義の人や神経質の方はとかく完璧を目指したがりますし、あがり症の人の性格もそういう人が多いです。

あがらないための万全の準備を

スピーチやプレゼンの前に誰でもができる対策が準備です。

スポーツの大会や試験勉強でも同様のことが言えますが、きちんと準備をしていれば「やるだけのことはやった」という満足感が得られるはずです。

その満足感が得られず、「失敗した」、「ああしておけばよかった」と感じるのは、事前準備が足りなかったのが原因、または納得できるまで準備していなかったということなのです。

「スピーチやプレゼンは準備で8割が決まる」と言われるように、きちんとした準備が多少緊張したり失敗したとしても、満足できるものとなり、次のステップへつながるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です