笑いは自律神経をも整えてくれる!こうなったら苦笑いでも無理矢理でも笑顔になろう!

投稿者: | 2018年8月28日

自律神経や病気をも治す、笑いに秘められた大きな可能性

人間に与えられた感情表現の一つ、笑い。

笑いの効果は未知数かつ無限大。

近年、笑うことで副交感神経が優位になりストレスが減少したり、免疫力が高まることが最新の研究で明らかになってきました。

また、医療や福祉の現場でも、笑うことへの関心から治療の一環として笑うことを取り入れ始められています。

とある医学実験では、笑いによってがん細胞やさまざまなウィルスと闘うナチュラルキラー細胞(NK細胞)が活性化することが証明されているのです。

笑いはがんはおろか、インフルエンザなどの感染症やがんの予防にもなるということです。

また、「ほぼ毎日笑う人」と「ほとんど笑わない人」では、良く笑う人の方が1年後の認知機能の低下が少ないという調査結果が出ています。

笑いは健康や長生きには欠かせないというわけです。

でも、思い出してみてください。

最近腹の底から笑いましたか?

私達現代人は、日々の忙しさやストレスから笑う事を忘れてしまっている気がします。

そんな現代人に必要な「笑う」ことで、私達の脳にはどのような事が起きているのでしょうか?



笑うことは体にメリットだらけ。意地でも笑おう

・「1日100回笑えば、15分のランニングと同等の効果」

最近の研究で、こんな驚くべき効果があることが証明されました。

笑うことがランニングに匹敵するとは、何とも驚きですよね?

笑う事がまず体に及ぼす影響として、笑うことでカロリーを消費する運動と同じくらい全身を使うということです。

それも声を出して笑う事で身体中の筋肉や呼吸器系、自律神経にまで影響するのだそうです。

・笑顔や笑うことで、幸せホルモンが脳から分泌される

これによって、免疫力が高まったり、ストレスを解放させることができます。

脳から幸せホルモンが分泌されると、体がリラックスしたり、睡眠にも影響があるようです。

笑いには、血圧を下げる効果がある

交感神経が優位な時は、体と心は戦闘態勢なわけです。

笑う事でリラックスモードになるために、副交感神経が刺激されて血圧が下がるというのです。

自律神経が乱れている方には何ともありがたい効果ですよね。

 

笑いには血糖値を下げる効果がある

私達は笑うと、インスリンを分泌する遺伝子の作用で血糖値上昇を抑える働きがあります。

実際に糖尿病の患者さんは、笑うことで血糖値が下がったり、糖尿病が改善した例もあるそうです。

その他、笑いには次のような効果があると言われています。

・冷え性が治る

・骨折や傷の治りが早い

・肩こりが解消される

・痩せる

・美肌になる

・内臓の消化機能が向上

・横隔膜や腹筋などを強め、便秘を予防

・血液がサラサラして、生活習慣病を予防

・α(アルファ)波が増えて、全身が癒される

・若返りホルモンの分泌を促進

これらすべてが笑うことで得られるとは、なんとも驚きですよね。

しかし、なかなか腹から笑うということは容易ではありません。

次に、上手に笑うための方法を紹介していきます。

意識的に笑顔を作るだけでも効果はある

私たちは、心の底から笑えることはなかなかないですよね。

しかし、無理やりでもひたすら笑顔を作るように心がけましょう。

ある研究によると、本心から笑うようなことではなくても、作り笑いを続けることで、笑っているときと同じような幸福感を脳が覚えるようになるそうです。

笑うことは、回りにも良い影響を与えたり幸福感を与える空気を作るので、積極的に笑顔を作るように意識しましょう。

その他、笑うためのコツを挙げておきます。

・普段から笑いに使う筋肉トレーニングをする

笑う筋力に癖をつけてあげることで、笑顔が作りやすくなります。

反対にいつもムスッとした表情の人は、表情筋が固まって笑顔が作りにくくなっています。

(舌を5秒間思い切り突き出す運動を3回繰り返し、「ハハハハハー」と5回発声。同じように「ヒ」「フ」「ヘ」「ホ」と続ける)

・お笑い番組や自分ツボにあった笑いを見つける

好きなお笑い芸人でもいいですし、これを見るとどうしても笑ってしまう、というものを見つけておきましょう。

・笑う前の準備としてリラックスできる環境を作ってあげる

まず、思い切り笑うために、旅行や入浴、カラオケなど楽しい時間を過ごしてみましょう。

自然と笑うこともできるでしょうし、笑いやすい環境では笑顔も自然と作れるようになるはずです。

いかがでしたか?

笑いが起こす体へのさまざまな効果。

笑顔を作ること、誰にでもできることですし、意識をすれば今すぐにもできます。

もちろん薬のような副作用もありません。

今すぐにでも、ぜひ取り入れて自律神経を整えたり、免疫力をあげてみましょう。

ブログランキングへ参加中です。ボタンをクリックして応援よろしくお願いいたします。

記事が役に立ったと思う方は、SNSボタンで応援していただけると泣いて喜びます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です