夏場にオススメ、自律神経を整えるための快眠法

投稿者: | 2018年8月1日

夏場は自律神経が乱れやすい

暑い夏。

今年は特に猛暑続きで、熱帯夜になる事も多く、体に負担がかかりますよね。

暑ければエアコンをつければ涼しくなりますが、寒すぎて夜中に目が覚めたり風邪を引いてしまったり。

エアコンをつけなければ寝苦しかったりと、なかなか温度調節が難しいですよね。

睡眠が取れないと体は休めずに次の日に疲れが残っていたり、自律神経が乱れやすくなります。

夏場は外気温に合わせて体が汗をかいたりと体温調節を行います。

この体温調整こそ、ご存知、自律神経の働きです。

汗をかこうと意識してかけるものではありませんよね?

しかし、体は汗をかいて体温を下げようとしているのにエアコンでさらに体が冷えると、体温がさらに下がり風邪を引きます。いわゆる夏風邪です。

さらに、急激な温度差で自律神経が混乱し、乱れてしまいます。

これが、夏の終わりに出る疲れ、夏バテにもつながります。

では体が疲れないように、寝苦し夏場でも快適に眠るにはどうしたらいいのでしょうか?

寝苦しい夜の快眠ポイントは温度と湿度

私たちは暑さ=温度という固定観念がありますが、28度で湿度が85パーセントあるのと30度で湿度が50パーセートでは感じ方が全く異なります。

湿度は、50パーセートから70パーセントが好ましいと言われています。

つまり、湿度を上手にコントロールする事で、エアコンでそこまで温度を下げなくても快適に眠ることができます

そのため、ドライ、除湿設定にして寝れば温度も下がりすぎず、快適に眠ることができます。

ドライでも寒く感じる方は、タイマー設定で4.5時間後、または6時間後に切れるようにしておきます。

1.5時間サイクルで深い睡眠から浅い睡眠、ノンレム睡眠に入るので、このタイミングでエアコンを消せば、温度変化で眼を覚ますこともあまり無くなります。

また、湿度を下げることにより、体温を冷やしすぎずに体感温度だけが下がり、入眠直後の汗をしっかり乾かすことができるため、眠りやすい環境になります。

エアコンが無くてもできる快眠法

寝苦しくてもエアコンがない部屋にいたり、厳しい環境の場合どうすればよいのでしょうか?

1、サーキュレーターを窓際におき、少しでも涼しい風を部屋へ送り、循環させる

夜間は日中の熱が室内にこもりがちです。

夜外へ出てみると思った以上に涼しい事も多く、それだけ外との温度差があります。

生暖かい室内でサーキュレーターなどで循環させたところで、同じ空気をかき回しているだけなので効果はありません。

窓際におき、外の空気が入ったところでその風を室内に送り込むようにしましょう。

2、保冷剤をタオルにくるみ、枕元付近へ置く

保冷剤の効果で頭や顔付近の温度を下げられます。

ほどよく冷感があると、体の温度も上手に下げることができます。

3、サーキュレーターや扇風機を壁に向けて当てて、そよ風効果で涼しさを出す

サーキュレーターや扇風機を直接当てると、寒く感じてしまいます。
一度壁に当てることで、ほどよい涼しさを得ることができます。

4、冷えピタを貼る

おでこに冷えピタを貼ることで、体温を適度に下げて快適に眠ることができます。

5、扇風機は直接体に当てず、壁に向けて跳ね返りの風を浴びる

扇風機は直接体に当てると、体の水分が蒸発して、脱水状態になりますので、壁から跳ね返るそよ風で快適に眠ることができます。

いかがでしたでしたか?

暑い夏は、自律神経の天敵ですし、睡眠の敵でもあります。

上手に涼しさを手に入れて、自律神経のバランスを上手に保ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です