スムージーってあがり症に効果あるの?

投稿者: | 2018年1月5日

スムージーってそもそも何?

最近、特に健康志向の女性に人気なスムージーを御存じでしょうか?

体にいい飲み物で、なんだかおしゃれという印象だけどどんなものなのかよくわからない。

スムージーの定義は色々ありますが、基本は3つの要素(原料)からできています。

あがり症に効くスムージー

1、液体(ジュースなど)
2、フルーツ、野菜(まるごと使うので繊維入り。)

フルーツがとても冷えているもしくは凍っている物を使う場合は氷は入れない場合もスムージーと呼ばれます。

日本でスムージーは最近はやっていますが、その歴史は古く、100年近く前から飲まれていました。

また、その時代によって、その都度新しい材料が加えられるようになり進化してきました。

大まかにカテゴリーで分けるとこうなります。

・グリーンスムージー

名前の通り、グリーンの強いホウレンソウ、ケールなどを使う

・フルーツスムージー

フルーツを多く入れ、甘くて香りの強いフルーツを使う。

・デザートスムージー
アイスクリーム、シロップなど糖分が加わり、デザートを飲み物の様にしたスムージーが多い。

・ヘルシースムージー

ビタミンサプリメントを摂る代わりに必要な栄養素を能率的に自然な物から取り入れるようにしたスムージー。

・ダイエットスムージー

砂糖を添加せず空腹感を抑えるようなナッツ、シード類を使い、緑茶、コーヒーなどのカフェイン入りにすることによって新陳代謝を上げ食欲を抑える効果がある。

このようにスムージーにはいろいろな種類がありますが、あがり症の症状緩和とどのようにつながるのでしょうか。

スムージーの効果とあがり症

スムージーは奇跡の飲み物ではないものの、あなたの精神的・肉体的能力を高めるためのさらなる活力の源として効果を発揮します。

精神的に弱ってしまったり、うつ病などになると食事後の血糖値のアップダウンが引き起こす低血糖状態に陥ります。

実はこれがメンタルに大きくダメージを与えてしまうのです。

これによって憂鬱な気分になったり、落ち込んだりよく眠れない、といった症状になりあがり症に起こる典型的な症状が起こりやすくなってしまいます。

重要になってくるのは血糖値の急上昇を防ぐことで、そのためには食物繊維が大切になってきます。

そこでいつも通りの食事の前に食物繊維をたくさん摂取しておくと糖分の吸収を緩やかにしてくれるというわけです。

そこで登場するのがこのスムージ―というわけです。

グリーンスムージーに使われる小松菜やバナナなどは食物繊維がたっぷりなので、不安感が強いときなどの食物繊維補給にぴったりなのです。

あがり症の症状に腹痛や下痢などの消化器系統に症状が現れやすいので、食物繊維を摂るということが理にかなっているのです。

不安が襲ってきたとき、それは1日を楽しむことができなくなるような新たな症状を引き起こすこともあります。

また、空腹感や過剰な不安を引き起こし、発表の前や人前に出るときに必要な明快な思考力の妨げとなることもあります。

そこで、食物繊維を補給し、腸と自律神経を整え、不安感を抑えるスムージーを紹介します。

スムージーの材料

・細かくしたオート麦 テーブルスプーン2杯(20グラム)
・熟した洋梨
・ミントティー200ml
・はちみつ テーブルスプーン1杯(25グラム)

作り方
・洋梨を洗って、オート麦、ミントティー、テーブルスプーン1杯分のはちみつを加えてミキサーにかけます。
・数分ミキサーにかけ、裏ごしせずにフレッシュなうちに飲みます。

これはほんの一例ですが、スムージーの材料はまさに無限大。

特にあがり症と関係が深い自律神経などを整えてくれたり、気分を落ち着かせる食品を上手に取り入れ摂取することで、あがり症の症状を症状を緩和することが出来ます。

ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です