あがり症の原因はセロトニンってホント?

投稿者: | 2016年1月24日

セロトニンとは

とあがり症の原因は、非常に多岐に渡ります。

しかし、近年の研究でセロトニンという脳内物質が、あがり症に大きく関係していることが分かったのです。

「セロトニン」という言葉、もしかしたらどこかで聞いたことあるかもしれませんね?

詳しく言えば、セロトニンは脳の中にある、セロトニン神経と呼ばれる神経から分泌される物質です。

セロトニンが正常に分泌されていれば、過剰なノルアドレナリンの分泌を抑制し、緊張感や不安を抑制してくれる作用があります。

しかし実は、セロトニンが正常に分泌されても、それ単体では機能するわけではありません。

セロトニンは「セロトニントランスポーター」という、セロトニンの運搬役によって、様々な神経へ運ばれる事になります。

しかし、セロトニントランスポーターの形状は、遺伝子によって形状が異なっています。

人によっては、セロトニントランスポーターが運ぶセロトニンの量が少なく、ノルアドレナリンをしっかりと抑制する事ができないのです。

あがり症とセロトニンの関係

あがり症も、根本的には過剰な緊張と不安が生みだす感情なのは御承知の通り。

セロトニン神経が弱っていると、セロトニン自体の分泌量が少なく、緊張や不安な感情が起きた時に、適度に抑制する機能がうまく働かないのです。

こうした状況は、パニック障害の時の脳の反応にも似ています。

同じように、これがあがり症の原因になっている可能性も充分にあるのです。

また、日本人の場合は、セロトニントランスポーターが「不安型」と呼ばれる形状の方が比較的多いようです。

不安や緊張を和らげるためには、脳のセロトニン神経を鍛え、常にセロトニン濃度を高く保つ事が大切です。

セロトニンを増やす方法

あがり症と密接な関係があるセロトニン。

そのセロトニンを増やす事で症状が緩和されるので、セロトニンを増やす事が鍵となります。

以下がすぐにでもできるセロトニンを増やす方法です。

・朝日を浴びる

・きなこ、豆腐など大豆製品を多く摂取する

・腹式呼吸で体内に酸素を多く取り入れる

・サプリメントでセロトニンを増やす

最近では、セロトニンを増やす為のサプリメントも販売されています。



サプリメントの良いところは、即効性があること、副作用などもないという点です。

このように、セロトニンを上手に増やし自律神経の安定化を図ることが、あがり症の根治治療の一つと言えます。

日常のちょっとした工夫とサプリメントなどを併用することでセロトニンは増やせますので、試してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です