あがり症と多汗症は関係ある?

投稿者: | 2017年11月29日

あがり症と多汗症の関係性

緊張してしまうとやたらと汗が出ることはよくありますよね?焦ってしまい冷や汗が出る事もありますが、特にあがり症の場合は異常な緊張のため、汗を多くかいてしまう傾向があります。

多汗症と一口に言っても、人付き合いや、仕事でといった社会的活動が盛んな年代に起こる症状です。

多汗症には大きく分けて二種類があり、全身の汗の量が増える「全身性多汗症」と、体のある部分の汗の量が増える「局所多汗症」に分類されます。

局所多汗症は、特に手の平、わきに多く汗をかく傾向があります。

さらに、多汗症の中には、全身性の場合、感染症、内分泌代謝異常や神経疾患など、局所性の場合、外傷や腫瘍などの神経障害などの病気が隠れている場合もあります。

緊張と汗の関係

緊張やあがり症で手汗

外的な要因で緊張をすると、体は防御反応を起こします。

これにより自律神経の交感神経が優位な状態になり、身体中に酸素を運ぼうとし、血圧が上がり、心拍数も増加します。

これにより体温もあがるので、局所的に汗をかくことが多くなります。

特に手のひらや脇にかく汗はあがり症の典型的な発汗と言えます。

よく緊張している方が、洋服の脇が濡れてしまうほど汗をかいている場面も見ることがありますよね?

あがり症の場合は、このように局所的に汗をかいてしまうことが多いようです。

あがり症による多汗の対処法

緊張すると汗をかきやすい、特にあがり症の場合は、局所的にそれが起こりやすい、と説明してきました。

ではその対処法にはどのようなものがあるのでしょうか?

1、脇汗を止めるクリームを使う

色々なメーカーから汗止め、ニオイケアのクリームが出ています。



2、特に手のひらに汗をかきやすい人には、手汗を止めるクリームもあります。



3、汗のにおいを抑えるサプリメントを使う



4、薬物を使用し、緊張を緩和させる

薬物は市販のものもありますが、医者から処方してもらう必要があります。

1、2、3は対処方法で、3は根治治療と言え、根本的にあがり症による多汗を直すには、3の対処法が必要となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です