すぐにあがり症の症状を抑えたい時の対処法

投稿者: | 2018年3月22日

すぐにでもあがり症を抑えたい場合

震えや赤面などが起こるあがり症。

すぐにでも症状が抑えられるならそれに越したことはないのですが、あがり症は過去のトラウマなどが影響している場合が多く、さらにそのトラウマに対してのネガティブなイメージが塗り重ねられているため、即効性がある治療法がなかなかないのが現状です。

基本的にあがり症の治療は根治治療を目指すなら、少しずつ薄皮を剥ぐようにネガティブなイメージを変えていく作業を行う必要があります。

これは認知行動療法と呼ばれています。

詳しくは認知行動療法についてのページをご覧ください。

ではあがり症に即効性がある方法はないのでしょうか?

いくつか挙げてみましょう。

あがり症に即効効く方法

その場しのぎの対処療法ですが、どうしてもその場だけあがり症の症状を抑えたい場合は、薬物治療が第一の選択肢です。

デパスやリーゼを含む抗不安薬は、服用開始からわずか数十分で効果が感じられます。

この即効性が高い分、依存したくなりますが、根治治療には向きません。

あがり症に効く薬のページで紹介していますので、参考にしてみてください。

そのほか、ツボ押し、深呼吸などがありますが、深呼吸が一番理にかなったリラックス方法です。

昔緊張する場面ではよく深呼吸をしてー、と言われた記憶がありますね。

しかし、ただ深呼吸をするのではなく、正しい呼吸法で深呼吸をしなければ効果はありません。

深呼吸についてはこちらのページを参考にしてください。

ブログランキングへ参加中です。ボタンをクリックして応援よろしくお願いいたします。

記事が役に立ったと思う方は、SNSボタンで応援していただけると泣いて喜びます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です