漢方ってあがり症に効くの?

投稿者: | 2016年1月27日

あがり症にも効果アリの漢方の魅力

最近では、色々な漢方が体に良い、と言われていますよね?

漢方薬の良いところは、自然の生薬を用いているため、一般的な西洋薬に比べると、体への負担が少ないのです。

西洋薬のように即効性はあまりなく、効き目が表れるまでは長い時間を要しますが、体質改善を基本としているので、体に優しいものが多いのです。

これが漢方の魅力の一つです。

現在、病院で処方される薬には、漢方薬も多くなってきました。

西洋薬同様、保険が使えるのです。

漢方は市販のものより、病院の先生や漢方専門の薬局から出してしてもらうことをおすすめします。

漢方は一人ひとりの体質によって処方されますので、体質に合わないといって、副作用が表れることはほとんどありません。

さて、そんな頼もしい漢方様ですが、肝心なのは実際にあがり症に効果があるの?ってことですね。

あがり症の症状に効く漢方

実は、どきどきする息苦しさや、高ぶった神経を抑えてくれる漢方があるんです。

・抑肝散(よくかんさん)は神経の高ぶりをおさえ、また、筋肉をゆるめて、心と体の状態をバランスよく保ちます。

・柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)は、気持ちを落ち着け、心と体を平常心に保つ漢方薬です。

・半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)は赤面に効く漢方薬で、高ぶりやすい神経を鎮め、心を落ち着かせる作用があります。

このように、漢方は神経の高ぶりを抑えたり、あがり症の症状の一つである赤面をも防ぐ効果があるというわけです。

薬などに頼りたくない、体に負担をかけずに症状を緩和したいという方は、まずこの漢方を試してみるのも一つの方法でしょう。

ブログランキングへ参加中です。ボタンをクリックして応援よろしくお願いいたします。

記事が役に立ったと思う方は、SNSボタンで応援していただけると泣いて喜びます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です