あがり症とスピリチュアル

投稿者: | 2017年10月24日

あがり症とスピリチュアルの関係

あがり症の症状を緩和する方法として色々な方法があり、中でも服薬は効果が早く確実な方法の一つでもあります。

しかし、薬を飲むということに抵抗がある方も多く、薬に頼ってしまうことが嫌だ、という方も少なくありません。

そういう方にお勧めなの方法の一つがスピリチュアルです。

スピリチュアルと聞くと「信仰」や「怪しい」、という印象を持つかもしれません。

しかし、スピリチュアルはもともと「霊的な」、「精神的な」という意味を持ちますが、日本では近年信仰的な意味合いを含めた心のよりどころや精神衛生の方法の一つとして位置づけられています。

そんなスピリチュアルの世界に触れて、心のよりどころを持つ、ということがあがり症の克服のキーワードになります。

スピリチュアルがもたらす緊張緩和

これは自己暗示にも通じるところがありますが、目に見えない世界に意識を向けて、癒しや幸せ、自己成長を求める現代のスピリチュアルという文化を上手に取り入れて自身の心の内にあるあがり症を克服していきます。

実際に海外のスポーツ選手たちが大舞台などで十字を切って祈りをささげていたり、スタート前に精神集中をする姿を見たことがありませんか?

あれも、広義でスピリチュアルによって緊張やあがり、不安をいったん預けて克服をしようとしているのです。

このように考えると、あがり症の治療に薬物を使わずとも、克服する方法としてスピリチュアルの可能性を感じます。

もともと無意識に自然を敬うという信仰の感覚を持つ日本人だからこそ、そういうことに柔軟に受け入れることが出来るのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です