気圧の変化で自律神経が乱れて、頭痛がいるときは、耳のマッサージがおすすめ

投稿者: | 2019年6月17日

気圧の変化、気象病は耳のマッサージで乗り切ろう

先日も記事で気象の変化で起きる頭痛や、自律神経の乱れのメカニズムを紹介しました。

今回は、そんな気圧対策の第2弾です。

その中で、気圧の変化対策として、耳のマッサージをあげましたが、実際にこれをやってみたところ、結論から言うと私には効果がありました。

では、具体的なやり方をもう一度おさらいします。

まず、耳をつまみ、引っ張りながらぐるぐる回したり、上下に引っ張ります。

これを、1分ほど続けましょう。

これがどういう効果があるのかというと、気圧の変化で血流が悪くなると、耳の中の「内耳」が敏感になり、頭痛などを感じてしまうのです。

新幹線のトンネルや飛行機でも似たような現象が起きますよね?

基本的にあの状態が長く続いているのが、気圧が下がっている時なのです。

耳ごと引っ張ると、耳が痛くなるので、ポイントは耳たぶを掴むとさらに効果を感じることができます。

さらにあくびをするように口を大きくあけながら行うとさらに効果的です。

その他、気圧が下がったときに効果的な対処法

その他に以下のことも効果的です。

頭皮をマッサージする

頭皮をマッサージすることで、血流を促すこともできます。

意識的にアゴを動かす

顎を動かすことで、耳も動かすことになり、内耳のマッサージにもなります。

まだ、実験を行なっていませんが、スルメを噛むことも効果的です。

スルメはちょっと…という方は、ガムを噛むのも効果的です。

乗り物酔いの酔い止めを飲む

実際に服用してみましたが、不定愁訴は治りましたし、頭のモヤモヤ感も薄らぎました。どうしてもしんどいときは、頭痛薬よりも酔い止めの方が効果的かもしれません。

なによりも、気圧の変化がわかるように、頭痛ーるは大変オススメのアプリです。

無料でこれだけの気圧の変化の情報を受けられるので、ぜひこのアプリを取っておきましょう。

ブログランキングへ参加中です。ボタンをクリックして応援よろしくお願いいたします。

記事が役に立ったと思う方は、SNSボタンで応援していただけると泣いて喜びます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です